秋の薔薇を見に行く「里見公園」

2022年10月16日(日)

どうも週末が雨になる。今回も金曜日が雨で、土曜日午前中鬱陶しい天気。出かける気にならなかった。日曜日は晴れだが、午後から月曜日に向けて雨になる予報。

曇っているけど、8:00に出発。午前中で戻る予定。

本日は「KhodaaBloom RAIL ACTIVE」がお供です。

妙典橋渡って江戸川の土手を走行。

相変わらず、釣り船多いね。

「アイ・リンクタウン」も鉛色の雲に覆われています。

江戸川サイクリングロードの途中に「里見公園」への案内板があります。

■里見公園に到着

里見公園は、戦国時代に里見家と小田原の北条氏が二度も戦った古戦場跡です。

昭和33年に公園となりました。江戸川サイクリングロードの近くになるので、よく立ち寄る場所です。

駐輪場です。早めに来ないと結構、止めるスペースがなくなってしまいます。自転車で来る人が多いようです。帰りに、駐輪場がいっぱいになっていて、出るのに苦労しました。

■噴水広場(薔薇園)

女性像の噴水を中心に、3つの小さな噴水があり、その周りに薔薇が植えられています。

撮影スポットの看板があります。アリバイ作りに最適です。

今は秋の薔薇が満開です。薔薇はボリュームがあって見栄えがしますね。

●女性像を中心に写真を撮ります。

唯一、女性像の顔が撮れた写真です。なぜ、この人は顔を見られないようなポーズをとっているのでしょう。しかも、噴水で尚更見えない。とても、ステキなのに...今まで気づかなかった。

台座には「水の詩」とタイトルが付いています。

●薔薇をアップで撮ってみます。

■芝生広場

芝生広場の花壇にも、花が植えてあります。ただ、説明看板がなかったので、撮影時はなんの花か判りませんでした。Googleで画像検索したところ、千寿菊「センジュギク」みたいですね。

サルビア

芝生の所々に、赤い植物が生えていました。これも、Googleで画像検索したところ、「サルビア」であることが判りました。植える植物の苗にサルビアの種が混じっていたのでしょうか。でも、キレイです。

11時になると、薔薇の見学に団体客が大勢来たので、さっさと退散です。

 

自転車往復:20km